後期始業式 2009/10/14

 本日10月14日(水)、後期始業式が石田記念館で行われました。校長式辞では、後援
会広報誌『仰星』第28号の校長挨拶に掲載した法句経の一節「他人のよこしま邪曲を観
るなかれ。

他人のこれをな作し、かれの何を作さざるを観るなかれ。ただおのれの何を作し、何を作
さざりしを想うべし。」を引用してお話しされました。周囲の人々の欠点ばかりを非難し、
自分の心が腐敗しているのに気がつかない人がいます。

「他の非を観るな、自らの足もとのみを観つめて生きよ。」ということです。また、星城
中学校では紳士、淑女の育成が教育目標であることを示されました。後期は「当たり前の
ことを当たり前になす」ことができる立派な「紳士・淑女」となれるように努力しましょう。