内観(解散式) 2010/07/29

石田学園長より保護者へ挨拶

生徒諸君は猛暑の中、1週間よく頑張って自分の心の中を深
く見つめてくれました。

今夜の食事は家族全員で質素な精進料理を頂いて下さい。
保護者の皆様いかがでしょう・・・考えたことありますか?

「空気があるのは当たり前」
「親があるのは当たり前」
「食べものがあるのは当たり前」
「車があるのは当たり前」
「学校があるのは当たり前・・・」

「欲しいものは手にはいる。これ当たり前」
・・・そうなんでしょうか?

今夜の食事で「内観では好きなもの食べれなかった」と
子どもの欲しがるもの食卓にならんだらどうでしょう。


それが本当の母親の子どもへの愛情でしょうか?
内観時の食事ではご飯一粒も残さず食べます。

最後に茶碗にお茶を注ぎ、一口分を残します。
食事ができたことに感謝し、食器を洗ってくれる方のことも考え、
タクワンで汚れを落とします。

内観は星城中学校の教育の根幹であります。
星城中学校では紳士淑女を育て、将来、日本のリーダー


になって社会貢献してもらいたい。
そのために学校創立と同時に内観を行っています。


皆様のお陰で生かされていることに気づき、日々合掌の心
をもって感謝していくことであります。