今年の漢字を考えよう! 2010/11/29

「今年の漢字」とは、財団法人 日本漢字検定協会が主催
するイベントで、1年間の出来事や世相を振り返り、その

年を「漢字一字」で表現するものです。ニュースなどでも
毎年取り上げられているのでみなさんもご存じではないで
しょうか。


 全国から広く募集され、もっとも応募数の多かった漢字
が「今年の漢字」として発表されます。協会の制定する

漢字の日(12月12日)にちなみ、例年12月中旬に
京都・清水寺の舞台で森清範貫主がその年の「今年の漢字」

を揮毫されます。なお、今年は12月10日(金)に発表
される予定だそうです。
 
中学生、仰星コースの生徒みんなで「今年の漢字を考えよう」
ということで現在、募集しています。

集まったものをまとめて団体応募をしたいと思います。


みなさんが考えた「今年の漢字」がもしかしたら選ばれる
かもしれませんよ。


どんどんみなさんの応募をお待ちしています。さあ、
あなたはこの1年を振り返って、どんな思いを託しますか?