ノーベル化学賞の根岸英一先生の言葉から 2010/12/09

根岸英一先生は今、授賞式出席のためストックホ
ルムへ行かれている。

出発前に小学校と中学校の母校を訪れ児童、生徒
へ感動的なメッセージを贈っておられます。

「君たちは若い、これから将来に向け大きな『夢』をも
 って欲しい。」

「その『夢』をどこまでも追い続けてほしい。」
「追い続けた『夢』は必ずきっと実現します。」

いま、本校では定期テストを終え各教科による答案
が生徒へ返却されている。

点数の結果が気になるところですが、根岸先生の言
葉を借りると、点数の1点、2点に一喜一憂すること
なく、大きな『夢』をもち続けようということです。

母校では自らピアノを弾いたり、全校生徒の前で校歌
を歌い、指揮棒も振っておられた。

ノーベル賞受賞には音楽への興味も貢献していると
根岸先生のお話でした。

顧みて、本校がとっても大切にしている器楽演奏。
紳士、淑女を育てる意義ある音楽活動の一貫です。