門松 2010/12/20

石田記念館の玄関に門松が立てられました。
本校に勤務されている久米幸夫先生の手づくり。

ご覧のようにプロ顔負けの職人肌の門松が完成。
竹や松、梅、南天など材料は校内に繁る自然植樹
から切り取って準備。

葉ボタン、しめ縄は久米先生の自宅から持参。
製作開始から完成まで、その過程を写真に収録。


一年はお正月から始まる。
門松は新しい年を迎えるにあたって、玄関先を清め


悪い邪気などが家の中に入らぬように門松を立て
て、新年の神様をお招きする風習。


『松は千歳を契り竹は万代を契る』といわれ松と竹
が使われるのは、神の宿る場所依代(よりしろ)が
永遠に続くことを願っての組合せ。


新年に松を家に持ち帰る習慣は平安時代に始まり、
室町時代に現在のように玄関の飾りとなっていった。