百人一首大会 2011/01/12

新年早々1/7(金)恒例の百人一首大会開催。
今年で第18回を迎えました。

この大会は日本の伝統文化に触れながら、高校
へ進級した際、古典学習に役立てることを目的
に始まりました。

中学生は全員参加。仰星コースの高校生は1~
2年生が参加し総勢200名を超える参加者。


会場は星城高等学校の修徳館(体育館)。
開会式の後、全校(中学生)生徒が28チームに

分かれてトーナメント戦。
王位(優勝)につくには5回戦まで勝ち残っていかないと
チャンピオンになれません。
今年の王位は2Aの[8]チーム。2位が3B[1]


チーム。3位が3Aの[3]チームでした。
2Aのみなさん優勝おめでとうございます。


優勝チーム
左から松山さん黒田さん伊藤さん小野さん
「去年は特別賞で、今年は優勝できました。来年は連覇を狙います。」
「古典の勉強に生かしていきたいです。」
「百人一首を覚えるのは大変でしたが、国語の勉強に役立てていきます。」
「来年は今回の百人一首大会よりも多くの札を取りたいです。」


2位チーム
左から伊藤君吉田君佐藤さん鈴木さん
「がんばって覚えたかいがありました。」
「来年は仰星コースの大会で優勝したいです。」
「来年は金メダルを目指してがんばります。」


3位チーム
左から都築さん松川さん河合さん古田君
「楽しくできたので良かったです。」
「DSの百人一首のソフトで覚えて、成果が出ました。」
「来年はもっと札が取れるようがんばります。」
「特定の札を取れるよう、練習しました。」