語学研修第7日 2011/03/01

マウントクリア校では3年A組、B組に分かれて日本語の授業に参加しました。

A組まず、一人で家にいるとき何をするか、これを日本語と英語で考えるというものでした。
 
次に、クイズが日本語と英語で交互に出され、指名されて正解すると、その場から一歩動け、近くにいる人をタッチするというゲームでした。


最後までタッチされずにだれが残るかというものです。
日本人では吉川君が最後まで勝ち残りました。



B組はまず、いくつかのグループに分かれ、日本の生徒とオーストラリアの生徒で4つの共通点を見つけるというものでした。
  

次に日本語と英語で交互にクイズが出されて、グループで考えて答えを出すというものでした。
  

————————————————–
バララット校のようすです。今日もお昼休みに到着しました。

オーストラリアのベジマイトの味を紹介してくれました。

すっかり意気投合している生徒もいました。

ホストと仲良く食事をしていました。


40人全員、元気で生活しています。