もったいない (3) 2011/04/02

東北大震災の影響でプロ野球公式戦が延期になり
ドーム球場でのナイターも自粛するようになりました。

これは非常にいいことだと思います。
未曾有の大震災の中で、私たちに今、何ができるのか。

国民ひとり一人が心をひとつにして、考え行動していく
いい機会ではないでしょうか。

そのひとつに「節電」があります。
戦後間もない頃、家族そろって食卓を囲んでいると突然

停電。仏壇のロウソクで暗い食事。
楽しい食事も一瞬のうちにみんな寡黙になってしまう。

間もなくパッと電灯が点けば、みんなが笑顔になる。
その時の明るさの感動は今もって忘れない。

この経験は貴重だった。電気による灯りに感謝し、物を
大切にする心が養われたのでないでしょうか。

ある名古屋のデパートのエレベーター(従業員専用)に
掲示がありました。

エアコンなど節電に協力を
「電気の消費料は1分ごとに100円使っています。」



私たちもこの機会に努めて節電を心がけましょう。
1,教室移動のとき電気や冷暖房を確認しましょう。

2,トイレ利用のあと消灯を心がけましょう。
  あわせてスリッパを並べておきましょう。

3,エアコン使用をなるべく控えましょう。
  誰もいない教室の蛍光灯を点検しましょう。

4,持ち込んだゴミは家に持ち帰りましょう。
  校舎内外のゴミは積極的に拾いましょう。

5,教室の環境美化を心がけましょう。
  個人ボックスの整理整頓を心がけましょう。