おもいでのアルバム [1] 2011/04/21

東日本大震災の新聞記事が涙を誘う。
自衛隊の隊員が、がれきの中から発見する家族のお

いでの品々。それを細かく分別。
受け取ったボランティアの人たちが、一つひとつ丁寧に
水洗い。

体育館にところせましに整然と並べられている。
濁流で汚れた、おもいでの「アルバム」や絵本、文房具
、結婚式の写真・・・

ボランティアの話。
写真を洗っているうちに涙がでる・・・

幼い子どもや若い親子、恋人同士が笑顔でピースし
幸せそうに写っている。

より鮮明に見えてくると涙が止まらない。
しまいには嗚咽(おえつ)になってしまう。

読んでいるうちに悲しくて、もらい泣きしてしまいます。
わたしたち指導者が今できることはなにか。
毎日、元気に登校してくる生徒に対し・・・

「教えさせていただくことに感謝」し、共に汗を流し、
学力を伸ばしてあげたい。

東日本大震災で被害にあった小学生、中学生の悲しみ
を、ひとつでも共有できればと思います。