仰星コース 秋の校外学習レ・ミゼラブル鑑賞 第2弾 2013/10/31

生徒たちに任意で一言コメントを求めたところ、多数のコメントが寄せられたので紹介したいと思います。

まずは3年生編

「凄いとか思う前に身体が勝手に感動して鳥肌が立ちました。オーケストラの音色も凄く綺麗に響いていて震えました。次はもっと前の方で観劇したいです」(3年女子)

「演者の声量、大道具のリアルさなど物語はもちろんのこと、ミュージカルというもの自体に圧倒されました。」(3年男子)

「工夫された演出、洗練された演技、先の読めないストーリー展開。すべての点でとても高いレベルでした。その圧倒的な演技力にあたかもその場に実際いるかのよう感じました。」(3年男子)

「映画にもなっていたレ・ミゼラブルですが、私は初めて見ました。内容はとても感動的で、なんといっても生の演奏や歌声が迫力がありました。ぜひ映画の方も観てみようと思います。」(3年女子)

「音楽の迫力が凄かった。子役が上手だった。悲しいシーンだけでなく笑えるところもあって、最後は暖かい気持ちになった。感動!」(3年女子)

「ファンティーヌが亡くなったところが一番泣けた。映画を観ていたけど何度も泣きそうになった。森公美子さんの声量が凄すぎる」(3年男子)

「映画を2度観てDVDも観て、サントラも持ってるくらい好きだったので、ミュージカルを観ることができて嬉しかったです。期待を上回る迫力と感動を味わえて大満足でした。」(3年女子)

「大きな声量に驚き、とても美しくて感動しました。またミュージカルを観たいと思いました。」(3年女子)

「体力を消耗しました、いい意味で。」(3年女子)

「本物を観に行くという貴重な体験ができてよかったです。プロの人たちの迫真の演技や演出にとても感動しました。充実した時間を過ごせたと思います。大人になってからもミュージカルを観る機会を持ちたいと思いました。」(3年女子)

次回以降で2年生、1年生の感動の声をお届けしたいと思います。