文部科学大臣旗争奪 第63回 個人の部 全国中学校ゴルフ選手権大会 2019/08/26

CIMG2839 CIMG3461 CIMG3215 CIMG2773

 

星城中学ゴルフ部から男子1名が全国中学校ゴルフ選手権大会(個人の部)へ出場しました。

会場は茨城セントラルGCNewコースで8/8~10の3日間行われました。

 


出場選手は2年松山怜生君です。

成績は普段の力を発揮できませんでした。

さすがに全国の強者たちが集まる個人戦のレベルの高さに圧倒された様子でした。

メンタル面もふくめ精度の高いゴルフが求められた大会でした。

 

松山怜生君の感想
「大会期間中、ずっとパットの切れが悪く苦しみました。」

「決まらないパットはショットにも影響し、ゴルフの怖さを知りました。」

「同伴プレヤーがひたむきに取り組むパッティングは学校の勉強に通じるものがある。」

「学校の勉強もパッティングと同じように集中してがんばりたい。」

「原点に戻って基礎、基本からやり直したい。」

「開会式の来賓挨拶では学校の勉強を第一に考えるようお話しがありました。」

「両親や家族みんなが応援してくれていることに感謝していく。」

 

ゴルフに精通された保護者はゴルフへの造詣が深く、

特にゴルフを通しての人づくりの理念は他の模範であり、

クラブを握る前に人間的に優れていなけれ

ばアスリートゴルファーとして評価できないという考えを持ちあわせておられます。

こういう保護者のもとにある怜生君の将来は前途洋々たるものがあります。

 

今後の活躍を祈念します。(顧問談)