語学研修 授業参加2 2020/02/18

今日のバララットは朝方は雷雨。登校するときは青空になっていました。

昼食のときにまた激しい雨が降りましたが、帰りは晴れになるという目まぐるしい天気。

オーストラリアではこれが当たり前だそうです。

 

1限は地震に関する授業でした。震源、震央、P波、S波などの復習をしました。

同じ揺れでもshake とtremorの違いを学びました。

 

2限はEarth Edセンターに移動し、一筆書きをロープで再現する授業を受けました。

課題ができた班は次第にレベルが上っていき、難しくなっていきます。

最初はアナログな授業でしたが、

後半になると、各個人にVRゴーグルが貸し出され、VR(バーチャルリアリティ)を体験しました。

ゴーグルをのぞき込むと、海上の風車、南極の白熊など不思議な世界を体験しました。

 

3限は自分たちで風車を作り、扇風機の風を当てて、何Vの電圧を発生させることができるかという実験をしました。

材料は自由で、みんな試行錯誤しながら実験をしました。

中には5V以上発電する班もあり、担当の教員から”Awesome!”という声が上がっていました。

 

4限はプログラミングに挑戦しました。

Wi-Fiで接続されたデジタルボールをプログラムし、ゴルフに見立てて、スタート地点からゴール地点までプログラムでデジタルボールを誘導する授業でした。

iPadの画面でデジタルボールの向き、スピード、そのスピードを出す時間の3つのパラメーターを操作し、デジタルボールを導きました。

最後に、ボールを誘導し、どの班が一番早く戻ってくるか競争しました。

 

どの授業も生徒たちが英語を駆使しながら生き生きと活動できた授業でした。


VR1プログラミング2プログラミング3プログラミング4プログラミング6一筆書き1一筆書き2一筆書き3科学事前指導3発電1発電2発電3発電4発電6発電8発電9