百人一首大会~ 2015/01/07

詠み手とともに活躍したのは生徒審判です。

札が取られたら、詠み手に分かるように手を挙げて合図を送ります。また、どちらが取ったか分からない場面では、判断をしたり、じゃんけんをさせたりする大事な役割です。

札が早く取られれば取られるほど、腕を挙げっぱなしになるので、簡単そうで意外ときつい仕事なんですよね・・・。

お疲れさまでした。



決勝戦は2年生同士の戦いとなりました。決勝戦は少しいい札を使って行いました。

上の句の一文字目で勝負が決まるような、どちらも譲らない、白熱した戦いとなりました。



同時に3位決定戦と、敗者復活戦も行われました。

この頃になると、戦いを囲む生徒の応援団も増えていきます。