健脚会という壁を乗り越えて感じたこと~生徒によるブログ~ 2015/02/13

「健脚会という壁を乗り越えて感じたこと」

                  2年A組 柴田 克輝

 「あともう少しだ。ラスト一緒に頑張ろう!」

足はボロボロだったが、最後まで走りきることができた。

ゴールした時、2つの純粋な気持ちが込み上げてきた。それは、今まで感じたことのない疲労と、ものすごい達成感である。

僕は、去年の健脚会では39キロ名古屋城コースを完走することができませんでした。

でも、今回1年生の2人と一緒に3人で走りきることができ、本当にうれしいです。

今回のグループは下級生相手だったので、一つ上野先輩として、しっかりと引っ張りながらも抑えもいれてサポートしました。

こういうこともあり、振り返ってみて、やっぱり健脚会はいいなと思いました。

ちなみに今回は、3年生の先輩に負け、2位だったので、来年は1位を取りたいです。