ブーメラン作り ~語学研修~ 2015/03/04

ブーメランのペインティングにも挑戦しました。

ブーメランは主にオーストラリアの先住民アボリジニーが鳥や小動物の狩りや、戦闘に用いたものだそうです。

日本では遊具のイメージがありますが、「く」の字の木製の「道具」なのです。

「ブーメラン」とは、トゥルワル族という民族の言葉で「回帰性投げ棒」という意味だそうです。

投げると回転しながら飛び、モノに当たらなければ元の位置に戻ってきます。

今日は投げることはしませんでしたが、ペインティングをさせてもらいました。







B組はアボリジニーの言葉のようなものを点を使って描くようにと指示されました。A組は自由だったようです。









実技系に大変食いつきの良い生徒たち。完成品を前に、とても嬉しそうですね。