ホストファミリーに感謝 ~語学研修~ 2015/03/06

8日間という期間でしたが、家族のように迎えてくださったホストファミリーの皆様。本当にありがとうございました。

生徒もホストファミリーも名残惜しそうに、握手をしたり、ハグしたり、お別れの時までの時間を過ごしていました。

「ホームステイ嫌だって言ってたよね?」という生徒が、大泣きなのです。本当によい経験をさせてもらったのでしょう。人の温かさにも触れたのでしょう。感謝でいっぱいなのでしょう。男子も女子も涙はなくとも、それぞれ感じることは大きかったようです。











現地ガイドさんは、今後もポストカードなどで季節の挨拶など連絡を取り合ったり、ホストファミリーが日本に来たときは逆に力になったり、これをきっかけに国際交流を続けていってくださいと仰っていました。

これで完結ではなく、これから何かに繋がっていく語学研修であったと信じています。

いよいよ明日は帰国。無事に帰ることが、最後の大事な任務です。