地域貢献ボランティア清掃 2015/03/10

生徒は軍手にトング、ゴミ袋を持って23号線の側道を中心に清掃を行いました。

側道にはペットボトル、たばこの吸い殻、ビニール袋など散乱していました。

生徒は1つずつ丁寧に拾い、ゴミ袋に入れていきました。

 


 


 









【生徒の感想】
僕は普段から道にゴミが落ちていても余り気にしませんでした。ゴミにはたばこの吸い殻、ペットボトル、考えられない物ではクッション、ボールがあり驚きました.今回清掃活動ができて良かったです.次の機会もきれいにできるようにしたいです。(中1男子)

クッションやたばこの吸い殻、傘などたくさんの物が落ちていました。かなりきれいになりました。次の機会までにポイ捨てがなくなっているとうれしいです。(中1男子)

はじめは寒いし、ゴミ集めだし、時間も長いのであまりやる気がしませんでした。しかしいろいろ集めるうちにだんだん楽しくなってきました。でも「ゴミ多すぎるな」と思いました。また同じ所を清掃したいです。そしてゴミが減っていたらうれしいです。(中2女子)

最初は全然やる気がなかったのですが、ゴミ拾いをして意外と楽しくて寒さも吹き飛んでしまいました。いろいろな物が落ちていました。たばこの吸い殻、ティッシュ、空き缶、などたくさんありました。また来年も同じ所でやりたいです。(中2女子)

今日はとても寒かったのですが、次第にゴミ拾いが楽しくなりました。でも手が届かないゴミを拾うことができなくて残念でした。ゴミの中で多かったのがたばこの吸い殻でした。たばこの吸い殻は道に捨てるのではなく、自分で処理して欲しいです。(中2女子)

最初はあまりゴミもなく、つまらなかったけど大きいゴミやまとまったゴミが増えて楽しくなってきました。とても多くのゴミが捨てられていて驚きました。今日いろいろな物が捨てられていることを知ることできて良かったです。不思議とボランティア活動は嫌ではなかったです。(中2女子)

生徒は、だんだん、ゴミを見つけ、拾っていくことが楽しくなってきたようです。

ゴミを拾う気持ちを持つことで、ゴミを捨てないようにしていきたいです。