ジュニアSGH 国際理解教室 2015/07/07

ジュニアSGH国際理解教室が実施されました。
講師はネパールからの研修生 カンチ・マヤ・タマンさん。
彼女はネパールの小中学校の養護教諭であり、研修を行うためPHD協会を通じて来日されました。
 


「ネパール大地震の話を聴こう」というテーマで行われました。
カンチさん自身も先日の大地震で被災し、自宅は壊れ住めなくなったことなど話していただきました。

 


生徒たちは彼女の話を熱心に聞いていました。

 



星城中学校とネパールとは、これまでも研修生との交流を続けてきました。
SGH発表会の際、ネパール救済募金も行いました。

 








 






誓いの言葉を1年生久保さんが紹介し、お礼の言葉では3年生の加藤くんが気持ちを伝えました。