10分間読書 2008/04/21

登校後の8:45~8:55の10分間は読書タイムです。
全校生徒一斉に各ホームルーム教室で行います。

読書を習慣づけることによって豊かな創造力、生きる力、
学ぶ力を養うことが目的です。

本は図書室にあるものや自宅にあるもので結構です。
原則的に漫画・雑誌類は認めていません。

この時間に五苦楽テスト(確認テスト)などテスト勉強や
授業の予習をしていいか。試験期間中を除きダメです。

この10分間読書で生徒たちはどれくらい変化したか。
おおよそ読書量は一人で約10~20冊(1年間)が平均。

生徒たちはいったいどんな本を読んでいるんだろう。
本の名前や著作者、読み始め、読み終わりの期日、感想など

「学習計画と記録」(別冊)で担任・保護者へ報告します。
良書に出逢い、いい意味で人生観が変わるよう祈念します。