ボランティア清掃 2008/10/10

10月10日(金)テスト終了後、恒例のボランティア清掃。
日頃、お世話になっている通学路を中心にゴミ拾いです。

リーダー会の美化委員会によって企画され、全員参加のもと
で行われました。

場所は学校から前後駅までの道路沿いと、普段、多くの方が
楽しまれている大原公園付近です。

終わった後の感想を生徒諸君に聞きました。
  ~ゴミが予想以上に多かった。

  ~疲れた。終わったあとのお茶が美味しかった。
  ~たばこの吸い殻が多かった。

~ペットボトル、空き缶がたくさんあった。
~通学中は気がつかなかったけど、よく見るとたくさんあった。

~きれいになって気持ちいい。
~普段みかけない謎のゴミがあった。

『脚下照顧』という言葉があります。遠くを見つめることなく、先ず、
自らの脚下(あしもと)を、見つめましょうということです。

ボランティアにはさまざまな活動があります。
この体験を機会に、自宅の玄関の靴、スリッパなど並べることが大切

です。そういえば、学校のトイレに掲示がありますネ。
『はきものをそろえると、こころもそろう』と・・・心がけましょう。