授業研究 2008/10/20

10月20日(月)数学科春木利久先生(中等教育研究部)に
よる中学校2年生αコースの授業研究。

今日のテーマは「パンタグラフで相似を学ぼう」です。
実際にパンタグラフをつくり、それを利用して『相似』という

図形の性質についての考察をすすめる授業でした。
生徒諸君の真面目な授業態度が、真剣な眼差しに表れています

。真剣さをカメラのレンズの奥で見ることができました。
前期に行われました授業研究に比べ、指導者の指導力もかなり

向上し、「認めて伸ばす」のテーマのもと研究指導は、第1ス
テージから第2~第3ステージへ向かっています。

後期の数学授業研究は10月17日(金)より始まり、31日
(金)まで、都合5回行われます。

学校の生命線は、いうまでもなく先生の教科指導力であります
。今年度からスタートした中等教育研究部は、生徒の学力伸長

を一層図るために学校の大事業です。『彼我一体』の精神のも
と、教師は生徒の幸せのため命がけになっていくことです。