初心忘るべからず 2008/11/26

★プロ野球の野村克也監督(楽天)が、ドラフトで指名し
た選手に入団するとき「初心忘るべからず」という言葉

をおくっています。人生の節目のスタートはとても大切だ
ということです。しかし、長い人生は山あり谷ありで、良

いときばかりではなく挫折をするときも多々あります。
こんな「谷」に遭遇したとき、この日、この時をいつも忘

れず、初心に返ってがんばってほしいという野村監督の願
いでしょうね。

★生徒諸君も星城中学校から合格証が届いた時のこと。
入学式で「決意表明」した時のことを思い出して下さい。

合格できたことを親に感謝し、これから一生懸命勉強して
みんなに負けないようがんばるぞという気持ちでいっぱい
だったでしょうね。

12月1日から定期テストが始まります。
両親や先生たちによくがんばったねと褒められよう努力し

てほしい。テストが終わった時、がんばった「自分を褒め
る」ことができるといいですね。

★今朝の新聞に、FA宣言した中日の中村選手におくった
色紙の言葉が紹介されていました。

「高下在心」とは、物事が良くなるか悪くなるかは、心掛
け次第である。この先の野球人生の行く末は中村選手自身

の気構えにかかっているということです。
★生徒諸君も毎日の授業に全力投球し「高下在心」の心掛

けを大事にして下さい。テスト期間に入りましたので野村
監督の言葉が激励になればと思って引用しました。